Q&A

HOME > Q&A > オフフレーバー分析に適した環境について教えてください。

Q5. オフフレーバー分析に適した環境について教えてください。

検査する環境は重要です。同じ部屋で他の人が溶剤やにおいの強いものを使用している場合や、下水や喫煙所のにおいが蔓延してしまった場合などは検査に適した環境とはいえません。時間をずらして実施するか、必要に応じて区画わけをしたり、脱臭装置を用い、コンタミネーションを避けます。

官能評価を行う部屋では、さらに人の出入りが少なく、官能パネルが十分に落ち着いて評価できる環境が求められます。

ページトップへ ▲

  • JASIS 2019
  • 研究会開催情報 メール配信サービス
  • 関係学会・研究機関一覧